サイトへ戻る

A2ME 乙黒 千彰

Startup Story

海外セレブのステータスアイテムの印象が強く、日本では未だ普及に至っていないプライベートジェットを身近なものにしたい。その実現に向けて会員制プライベートジェットプログラム「GoMyJet」を運営する、A2ME株式会社の乙黒千彰氏にお話を伺いました。

空への思いを考え続けて4年。たどり着いたのはプライベートジェットビジネス

 大学卒業後、日商岩井株式会社に入社し、niftyやポケベルや携帯電話の販売、スカパーなどの衛星放送事業、海外の通信インフラ事業などに従事していました。その後、所属部門が独立しITX株式会社になり、さらにその後はオリンパス株式会社の新事業部門と統合で3社を経験しています。社会人になる前から、自分で事業をしてみたい願望があり2014年に退職。起業するなら航空関連事業、その中でもプライベートジェットビジネスと決めていました。

日本では小さいビジネスジェット市場での見えない勝ち筋

 プライベートジェット産業は欧米ではビッグビジネスです。ウォーレン・バフェット氏の運営するネットジェッツという、ビジネスジェット機のシェアサービス会社に非常に関心がありました。日本国内のビジネスジェット市場は小さいですが、海外から日本に入ってくるプライベートジェットは比較的多いのです。そこで、最初はそういった海外から日本へ入って来るビジネスジェットをグランドハンドリング(航空輸送における空港地上支援業務)するサービスを検討していました。

 しかし、航空業界ならではの制度や慣習があり、ベンチャーが参入するには難しかったために事業化に至らず、1年半程で断念しましたが、昨年2018年4月にプライベートジェットのマッチングサービスを開始することにしました。起業してからまる4年…、ようやくスタートラインに立つことができました。

GoMyJetは空のUBER

 GoMyJetはチャーターオペレーターとお客様とのマッチングサービスです。チャーターオペレーターとは、プライベートジェットと専属パイロットを保有し、お客様にレンタルしている会社です。例えば、出張でアメリカ全土を5日間で回らなければならない場合、民間の航空会社では周りきれません。そのような時に、GoMyJetはチャーター会社と連携し、お客様のスケジュールに合わせたフライトプランを立て、料金を提示します。空版のUBERをイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

 アメリカは空社会なので、チャーターはビジネスシーンで広く利用されていますが、日本国内にはチャーターオペレーターは3社しかなく、チャーター出来る飛行機自体が非常に少ないのが現状です。そこで、世界中にある3,000機以上のプライベートジェットをチャーター出来るネットワークを作って機体在庫数を確保し、マッチングしやすくしました。

年間140万円、誰でもビジネスジェットのオーナーに

 昨年6月にホンダジェットが発売になり、それに伴って「購入は出来ないけれども乗ってみたい。」という問い合わせが多数ありました。日本のメーカーであるホンダ製ということと、CM効果で親近感があったのだと思います。大きさ、燃費、航続距離などのスペックも含めて、日本のマーケットに非常にマッチしている飛行機が出来たと感じ、それが次のビジネスへのヒントにもなりました。

 ホンダジェットはジェットの中では比較的安いとはいえ、購入となると1機あたり6億円…。所有はできないけど、たまには乗ってみたいというニーズがあるなら、会員制でいつでも好きなときに搭乗できるプライベートジェット会員プログラムならどうだろう?」と考えました。GoMyJetでホンダジェットを所有し、会員がいつでも好きな時に予約できるサービス。会員制とはいえ、搭乗している間はジェットオーナーになれるので、お問い合わせのあった方々のニーズにも十分マッチしていると考えています。

 年会費140万円~+利用料(50万円/1時間)、1機あたり数十人の会員で運営する予定です。年内に2機調達し、プライベートジェット会員プログラムをサービスインするために動いています。

身近で簡単に利用できる、空のタクシー化へ

 プライベートジェット会員プログラムの課題は大きく2つあって、1つが日本の空港インフラです。現在の日本の空港はプライベートジェット用のインフラが整っていません。例えば、欧米であればプライベートジェットが着陸すれば自家用車が横付けされ、そこから目的地まで行ってしまうことが可能ですが、日本では駐機場と空港間は徒歩になってしまいます。また、搭乗手続きなども面倒です。こういった問題をクリアにしていくには、とにかく日本でプライベートジェットを飛ばし、認知と実績を積んでいくしかないと思っています。

 そしてもう1つ直面しているのが資金調達の問題です。プライベートジェットを飛ばすためには当然資金が必要になります。これまでの資金はプライベートで賄ってきましたが、ジェット機を所有するとなると資金調達が必須で、投資家の方を募っているところです。ホンダジェット2機を購入するために3億円程の資金調達を目標にしています。とにかく資金がないとこの事業は進められないので、年内にサービスを開始すべく現在奔走しているところです。

向かい風が強いほど、飛行機は高く飛べる

 ホンダジェットの開発・販売をしている米国のHonda Aircraft Company社も日本でのホンダジェット普及の一貫としてこのプロジェクトに絶大なご協力をいただいています。日本のプライベートジェット業界でこのようなサービスを運営している会社は当社以外にありません。資金調達の課題など向かい風が強いですが、飛行機は追い風では離陸できません。向かい風が強いほど、一気に高く飛ぶことができます。そのような困難を機会ととらえ、プライベートジェットをタクシーのように身近で、簡単に利用いただけるようなサービスにしていきたいと考えています。

【乙黒 千彰氏プロフィール】
 一橋大学法学部卒業後、日商岩井株式会社(現双日株式会社)入社。情報産業部門に配属され、nifty担当を皮切りに、携帯電話事業、衛星事業、海外での固定通信事業等の投融資、それに関わる製品販売及び輸出入に従事し、配属部署の独立に伴い新会社設立や新規事業統合などに参画。2014年A2ME(エートゥミー)株式会社を設立し、プライベートジェットのマッチングサービス「GoMyJet」を開始。
【GoMyJet】

 A2ME(エートゥミー)株式会社が運営するプライベートジェットのマッチングサービス。世界中でプライベートジェットをチャーター出来る。プライベートジェットに関する情報、チャーター利用時の見積り取得から支払い、フライト管理など必要な手続きをwebで行うことが出来る。見積り依頼や予約にメンバー登録が必要となる。メンバー登録は無料。

https://gomyjet.com

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK